家庭教師とは?

良い家庭教師!良い学習塾をお子様へ

家庭教師とは?

家庭教師って何だろう家庭教師とは主に小学生から高校生に対して、家庭で勉強を教える私教師のことを言います。家庭教師は国家資格ではありません。学習塾などと同様に、学校の授業の不足を補ったり、受験勉強を指導して志望校に合格させたりするために依頼されることが多いです。

大学生や社会人が学業・本業の傍らにアルバイトを行う場合もあれば、職業として専業(プロ家庭教師)の場合もあるようです。
つまり、家庭教師には、プロ家庭教師(専門家庭教師)と学生家庭教師があります。どちらとも特徴を理解し、学習の目的によって上手に選び分けましょう。

プロ家庭教師(専門家庭教師)

難関校に生徒を合格させるノウハウを持っている、受験算数の指導に長けているなど、普通の家庭教師では不可能な指導をします。

そのため、学生家庭教師よりも高めの指導料となるようです。長所はもちろん指導経験、指導実績に伴う指導能力にあります。但し、定義上プロと呼んでいますが、本来「プロ」と名乗る資格がないので注意しましょう。今までどのような生徒を何人くらい指導してきたか、どこの学校に何人くらい合格させたかを面接時にしっかりちぇっくし見極める必要があるようです。

学生家庭教師

年齢が近いため、生徒と同じ目線に立って指導を行ってくれます。一般的にプロの教師に比べて時給が低いといわれていて、家庭への負担が最小限に抑えることが可能のようです。

学生家庭教師の長所は生徒に親しみやすい授業を受けられること、大学内の新鮮な情報を得られることにあるようです。生徒が教師から学校の話を聞くことで学習意欲が高まり、学力が向上する場合が多いようです。そのため、教師と生徒の相性が最重要となってきます。しかし、学生アルバイトであるため、長期間の契約が難しい事があるようです。

家庭教師の定義

特別に家庭教師そのものを定義した法律というのは存在しませんが、特定商取引法における事業者サービスとしての定義によると、「小学校及び幼稚園を除く学校入学試験に備えるため、または大学及び幼稚園を除く学校教育のため学力享受、学習塾以外の場所に置いて提供されるものに限るとされています。

また、家庭教師の種類を大きく分けて、家庭教師事業者に所属している個人といった2つの種類があります。

家庭教師事業者は、家庭教師センターと呼ばれる法人の派遣会社が主体となって、日本においては、専らこの法人派遣会社が家庭教師を仲介、または派遣することが主流となっています。その他にも一部ではありますが、産業区分で出版社に分類される教材販売事業者が家庭教師サービスを提供していたり、個人の営業で生徒を募集している個人事業主であったり、インターネット上で個人契約を斡旋する、法人派遣会社と個人事業主の中間形態として情報サービスも存在しているようです。

ちなみに塾などを含め小中高校生の受験または補習を目的とした、すべての学習サービス全体において、家庭教師が占める割合は数%程度だと言われています。