家庭教師のメリットとデメリット

良い家庭教師!良い学習塾をお子様へ

●家庭教師のメリットについて
家庭教師を雇うことで得られるメリットはいくつかあります。お子さんの学力アップのために雇う家庭教師ですから、
雇う際に支払う金額に見合った成果を期待するものです。成果が上がるのは最低条件としても、
それ以外のメリット、得られるモノに期待して雇う親御さんも多いのではないでしょうか。
このページでは家庭教師を雇う際に得られるメリットと、それに反したデメリットについて
紹介いたします。
●メリット
家庭教師を雇う上で得られるメリットとしてまず第一に考えられるのは、塾や予備校と違って
「時間と場所に融通が利く」という点でしょう。家庭教師を雇い、自宅に招いて家庭学習を
行うのですから、当然教師側は雇い主の意向に従って受け持った生徒に勉強を教えなくてはなりません。

次に考えられるのはやはり学校とは違った形式、つまりマンツーマンでの徹底した
放課後学習が行えることにあります。学校に始まる一体多数の形式をとっている学習方法だと
どれだけ能力の高い教師であろうとも受け持つ生徒が多いほど、各生徒の悩みや苦手とする
教科・項目を細かく把握するのが難しくなってきます。また、各生徒の成績を平均的に伸ばし
受け持ったクラス全体の成績を良くすることは可能ですが、中には学習についていけず
成績が思うように上がらない生徒も出てくるでしょう。その点、家庭教師は一対一の
つきっきりで教えてもらうことができるので、受け持った生徒がどんな問題でつまづき、
どんな問題が得意かといった、生徒一人の状況を把握しやすくなります。その結果、
生徒にあった学習方法を導き出しやすく、効率良く成績をアップさせることができます。

他にも、生徒との年が近いことでより親近感のある大人として勉強を教えやすい環境を
作りやすい点が挙げられます。幼い頃から培った学習成果は大人になっても影響しますから、
子供のうちから勉強する・できる環境を整えておくことは非常に有意義なことと言えるでしょう。
学習への意欲が強い子供ほど自ら勉強方法を最適化するようになり、効率の良い学習方法を
身につけていくものですが、そこで足りない要素を補う意味でも人生の先輩である家庭教師を
雇う意味はあるでしょう。

●デメリット
家庭教師を雇う上で必ず比較対象となるのが学習塾・予備校との違いや成果。事実、家庭教師を
雇うことで成績が上がる生徒とそうでない生徒とで二分されることから、必ずしも家庭教師による
放課後学習がその生徒にとって実を結ぶとは限りません。これは何も家庭教師側のみに問題がある
ということではなく、受け持った生徒の家庭環境や生徒本人のやる気にも依存することなので
一概に「●●が原因」と断ずることは不可能です。様々な要因が絡まって勉強嫌いや
勉強する姿勢が身に付かない子も多いので、どういった勉強方法がベストなのかを模索し、
その結論として家庭教師を雇うのであればある程度の成果は望めるでしょう。しかし、
勉強をする気がまったくなく、意識のベクトルを勉強へと向けるのが困難な生徒の場合、
マンツーマンの学習方法となる家庭教師だと逆に効率よく成績を上げることが難しくなることがあります。
勉強する意識、意欲は本人の考え方次第で変化するものなので、学習塾や予備校でライバルを
見つけたり、何かしら自分なりの目標を見つけるような意識・環境がなければ、まず
家庭教師をつけても意味がないように思います。子供の成績アップのための放課後学習ですが、
「雇った割には成績が上がらない」、「学習姿勢が依然と変わらない」となる前に
家庭教師と塾・予備校のどれが一番適しているのか。むしろ塾や予備校、家庭教師を利用せず
自主学習にまかせるべきなのかをしっかりと見極めておく必要があるでしょう。

Valuable information

最終更新日:2015/3/2