家庭教師とのトラブル

良い家庭教師!良い学習塾をお子様へ

家庭教師のトラブル

家庭教師をお願いするといろいろなトラブルも発生してしまいます。トラブルに合わないためにはどうすれば・・・間違いのない家庭教師を選ぶには・・・。そこで!ここでは、トラブル防止の為に、どのような事に注意して、家庭教師を依頼するといいのかをご紹介していきます。

契約内容の確認をしよう!

申し込む前に、必ず契約の書面をチェックしましょう。次のチェック事項を参考にしてください。
最初に電話などで受けた説明内容と、契約を結ぶ際に説明される内容とに違いがないか確認が必ず必要となります。

また、契約を結ぶ際には項目毎に一つ一つ内容の説明をしてもらえるかどうかも重要な点です。良心的な経営をしているセンターならばそのような説明の相違はないでしょう。

電話セールスなどでの執拗な勧誘に気を付けよう!

電話セールスや訪問販売で強引に入会を勧める業者はトラブルが起こる可能性が大きいといわれているため注意が必要です。また、センター名や自分の氏名を名乗らなかったりするセンターでは信頼がおける業者とは言えないでしょう。

入会前の注意

入会前に選任の担当者との充分なやりとりがなければ希望する家庭教師の派遣は難しいです。
家庭教師を派遣するにあたり、まず指導員や相談員による子どもの学習状況や志望目的などを充分に把握した上でなければ生徒にとって適性のある最適な家庭教師の派遣はできないものなのです。

あくまで自分にとって最適な家庭教師の派遣を受ける為には、子どもの指導に関する具体的な担当者とのやりとりが大切となります。

指導開始後の注意

指導開始後も家庭教師とセンターの担任、家庭とのコミュニケーションが図れることが大切となります。
直接、家庭教師に指摘しづらい点があった場合、家庭選任のセンター担当者がいたほうがいいでしょう。。
家庭との進路相談やカウンセリングなどは家庭教師と担当者が必要になるので、情報に詳しく経験のある担当員が最適でしょう。

体験学習における注意

体験授業を契約前に受けられるセンターが多くなってきているようです。
実際の指導の際に、体験授業にきた家庭教師と別の人が派遣される場合があるので、事前に確認が必要となります。体験授業の指導内容が気に入ったから、契約を結び、その業者に派遣を依頼するのできちんと確認をしましょう。

料金が安すぎない?

料金が安すぎると感じた場合、本当にこの値段でいいのか確認してみましょう。料金の相場は一概に言えません。でも、極端に指導料の安いところには良い家庭教師は集まりません。紹介して満足のいく家庭教師は、決められた時間だけを指導しているわけではありません。

家庭教師が終わった後も、提出する必要のある書類があれば、それを書かいて提出しないといけないようです。家庭教師によっては、生徒のために教材研究や予習をしていることもあるようです。答えを出せるだけでは指導力は発揮できません。教えることができてはじめて発揮できるものなのです。

約、指導の倍の時間を生徒のために使っていると思っていただければ、時給についても納得いただけるものでしょう。質を考えた場合に、満足のいく家庭教師を紹介できる妥当な相場があると思います。

注目サイト

グランドセイコー 買取

Last update:2015/9/18